岩手県立盛岡第四高等学校校歌
作詞 目時隆太郎
作曲 坂本 良隆

1.不来方(こずかた)城下 北上の
久遠(くおん)の流れ 極みなく
北に聳(そび)ゆる 岩手山
湧くや白雲 夢翔(か)ける
真理の砦  第四高

2.シルバーリーフに 風さやぎ
日輪燦(さん)と 輝けば
気崇(けだか)き精神(こころ) 胸に満(み)つ
誓う誠実(まこと)と 敬愛と
培い践(ふ)まん 学友(とも)我等

3.自然の山河 麗しく
郷土の生みし 先覚に
肖り(あやかり)学べ 大志もて
道に賢く 撓み(たゆみ)なく
共に励まんああ吾等 

校歌楽譜&歌詞 PDFファイル
 
 
第一応援歌
作詞 目時隆太郎
作曲 佐藤  洸

1.気崇(けだかき)き精神(こころ) 染め抜ける 
  グレーの色も 鮮やかに 
  なびく吾等が 旗幟(はたじるし)
  意気を示さん 秋(とき)到る
  奮えや奮え 第四高

2.青空高く 仰ぐとき
  若き吾等の 血がたぎる
  心と技(わざ)を 日に磨き
  雄叫びすでに 敵を呑む
  奮えや奮え 第四高

3.北に岩手の山そそり
  霊気を受けて鍛えたる
  力溢るる この体躯
  いざ戦わん 堂々と
  奮えや奮え 第四高
    
4.北上川の 辺佳(ほとりよ)く
  まことの心 ひとすじに
  正しく強き わが選手
  栄冠今ぞ 吾にあり
  奮えや奮え 第四高

第二応援歌
作詞 日向  幸
作曲 佐藤  洸

1.大空に そそり立つ
  片富士の 姿あおぎて
  諸共(もろとも)に 励みし日々よ
  堂々と力の限り この時に
  かけて試さん 吾が技を

2.悠々と 流れゆく
  北上の 水面(みなも)映(うつ)して
  諸共に 鍛えし体(からだ)
  敢然と若さのすべて この時に
  かけて試さん 吾が力

3.あらしにも 陽光(ひかり)にも
  銀(しろがね)の 葉を標(しるし)とし
  諸共に 培いし気よ
  青春を生命の限り この時に
  かけて試さん 吾が心

 
 
第三応援歌
作詞 吉田  修
作曲 伊地知 豊

1. 朝日輝く 陸奥(みちのく)の
岩手の霊峰 悠然と
なにをか教え ここに立つ
苦難の嵐 踏みこえて
若き心を 燃やしつつ
起て悠然と 第四高

2. 千古の誇り 北上の
流れの水よ 音高く
なにをか教え 吾をよぶ
闘いぬくは 今ぞ今
正義の道を ひとすじに
征け正々と 第四高

3. 広大無辺 この天地
栄光常に かがやきて
なにをか教え 胸躍る
日頃の練磨 示すとき
心誠実(まこと)に諸共に
勝て堂々と 第四高

第四応援歌
作詞 北  敏昭
作曲 佐藤  洸

1. 北鎮岩手(ほくちんがんじゅ)の 雪(ゆき)融(と)けて
都南(となん)沃野(よくや)の 水ぬるむ
銀楊(ぎんよう)みどり 色増せば
厳(きび)しき冬(ふゆ)を 鍛(きた)えたる
精鋭(せいえい)万騎(ばんき) 業(わざ)冴(さ)えて
覇気(はき)陣営(じんえい)に 漲(みなぎ)りぬ

2. 天地(てんち)五彩(ごさい)の 雲湧(くもわ)きて
臥龍(がりょう)雄飛(ゆうひ)の 時(とき)来(い)たる
戦捷(せんしょう)誓(ちか)い 堅(かた)ければ
武勲(ぶくん)は 燦(さん)と輝(かがやき)きて
燎原(りょうげん)千里(せんり) 西(にし) 東(ひがし)
征路(せいろ)を 阻(はば)む敵(てき)やある

 
 
第五応援歌
作詞 成川  武男
作曲 梁瀬  成一

1.人渾沌に迷う世を
  独り立ちたる不来方城
  一夜宿かる壮夫(ますらお)が
  緑髪なぶる神の声
  覚(さ)めては猛者(もさ)の止み難き
  心もて立つ四高軍
2.年は丁卯(ていぼう)明けの空
  漲る春の色踏みて
  ここ洛陽の陣頭に
  鉄甲堅く鎧(よろい)つつ
  ほほえみ立てる若武者よ
  韜略妙(とうりゃくたえ)に胸にあり
3.春一時の花の夢
  醒ますは誰ぞや一雫
  柳にかかる露の玉
  ふくみて待てり敵の軍
  備えは堅し覇気高し
  つかめ勝利をわが軍よ

壮 行 歌
作詞 畠山  重美
作曲 佐藤  純子

1. ああ紺碧(こんぺき)の 空高く
   シルバーリーフの 旗仰ぎ
   はげまし送る 我が学友(とも)よ
   若き血潮の たぎり立つ
   この感激を 胸にひめ
   征(わ)きてかかげよ 勝利の旗を

2. ああ聳(そび)え立つ 岩手山
   見よひと筋に たくましく
   強く鍛えし この体
   三年(みとせ)の夢を 果たせ今
   いざ 第四高の黎明に
   征きてかかげよ 勝利の旗を